保険代理店の皆さまへ

「認定された過失割合や後遺症等級に納得がいかない」
「交通事故加害者の加入している保険会社との交渉がストレスになっている」
「交通事故加害者が任意保険未加入であり、損害金が支払われるのか心配だ」
「弁護士費用特約がついているので、弁護士に依頼しようと思っている。弁護士を紹介して欲しい」

などという相談が交通事故被害者である保険加入者から寄せられていませんか?

 

損害保険会社が被害者に対して提示する示談金額は、いわゆる裁判所基準といわれる基準より相当定額であるのが一般です。しかし弁護士が被害者の代理人として損害保険会社との間の交渉を行うことで、示談金額の増額が可能になることが多くあります。

また、後遺障害等級が適切に認定されないために適切な示談金額の支払いがなされないこともありますが、これも弁護士が関与することで等級認定が変わり、結果として示談金額も増額されることが多くあります。

更に、弁護士に依頼することで、交通事故被害者は保険会社との間の交渉のストレスに悩むことなく、治療に専念することができます。

弁護士と損害保険代理店が提携しておくことで、交通事故発生後速やかに、弁護士が交通事故被害者である保険加入者の代理人に就任することが可能となり、交通事故加害者の加入していた保険会社との間の交渉を行うことができます。

当事務所では、交通事故被害者の方により充実した法的サービスを提供していくため、同じ広島で活動されている損害保険代理店様と提携させて頂きたいと考えております。当事務所では保険会社との間の顧問関係がないため、損害保険代理店の契約者である交通事故被害者の方の意向に沿ったサービスの提供が可能ですので、ご相談等ございましたら,お気軽に当事務所までご連絡下さい。

returnTOP写真