不動産業者の皆さまへ

「賃借人が賃料を払ってくれない」
「契約途中だけど賃借人との賃貸借契約を解除したい」
「賃貸借契約を解除したのに、賃借人が部屋を明け渡してくれない」

などという相談が賃貸人であるオーナー様から寄せられていませんか。

 

最近では権利意識の高い賃借人もいるため、「賃借人自身が賃料減額請求を行ってきている」というケースもあるかもしれません。

不動産トラブルは、解決までに時間がかかってしまうと、その間ずっと賃料や賃料相当損害金がかさんでしまうこととなるため、迅速な解決が求められます。

しかし、日本の法制度では自力救済が禁止されていますので、法に則った適切な対応を行わないと、逆に賃借人から訴えられてしまう危険があります。

不動産トラブルとは、適切な手続と迅速な解決という、一見すると矛盾するような両者を満たす必要があり、法的知識のみならず手続に精通していることが要求されます。

弁護士と不動産業者が提携することで、不動産トラブルについて迅速に法的対応を行うことが可能となります。

不動産は、オーナー様にとっても管理会社にとっても、かけがえのない大切な財産です。そのため、不動産に関するトラブルが起きる前に、また起きてしまったトラブルは少しでも早く、専門家である弁護士にご相談頂くことが肝要です。

当事務所では、不動産に関するトラブルでお困りの方に、より充実した法的サービスを提供していくため、不動産業者様と提携させて頂きたいと考えております。

 
不動産に関するトラブル解決方法でお悩みがございましたら、お気軽に当事務所までご連絡下さい。

returnTOP写真