法人破産

会社の破産は、会社の経営が困難になった場合に、裁判所の関与の下で会社の清算を行う手続です。

会社の破産の場合は、裁判所に破産の申し立てを行うと、裁判所により破産管財人が選任されます。破産管財人は、会社の財産を整理し、財産を売却する、債権を回収するなどの作業を行って金銭を集めます。集まった金銭は、法で定められた方法で債権者に配当します。

主債務者が会社である場合、会社の代表者が保証人についている場合が多いと思います。そして、会社の債務は個人である会社代表者が支払うことが困難であることが多いため、会社が破産申立を行う場合は会社代表者の同時に破産申立を行うことが通常です。

この場合、会社の破産管財人が会社代表者の破産管財人も兼ね、会社の破産手続と並行して破産手続が行われることが一般的です。

「法人破産」の関連記事はこちら

returnTOP写真