民事再生

民事再生は、債務超過などにより経営危機にある企業が、裁判所の関与の下で再建を図る手続です。2000(平成12)年に施行された民事再生法は、未だに「倒産扱いされる」等の誤解が多いのですが、全国的に実績があり、以下のとおり多くのメリットがある会社再建の方法です。

 

民事再生の最大のメリットは、事業にもよりますが、債権者の同意さえ得られれば、債務を大幅に圧縮できる場合があることです。圧縮後の債務については、原則として10年以内に圧縮された債務を延べ払いする方法をとります。当然、債務が大幅に圧縮されれば、日々の返済負担は軽減され、資金繰りは相当程度楽になります。また、民事再生の場合、私的再建と異なり、債権者集会において、出席した議決権者の過半数の同意及び議決権者の議決権の総額の2分の1以上の議決権を有する者の同意があれば再生計画案が可決され、全債権者に対する債務を圧縮することができます。

 

民事再生手続における再生計画案のポイントは、第一に「営業利益段階で黒字計上できるかどうか」です。つまり、仮に無借金であるとしたら、会社経営は大丈夫か、それとも駄目か、です。もちろん、これは現状で黒字計上できるかどうかだけでなく、経費節減やリストラなどで、近い将来黒字計上できるかどうか、といった判断も含まれます。これができるのであれば、民事再生手続を活用して、企業を再建できる可能性があります。

 

早い段階でご相談いただいた場合、再建の可能性は高まります。厳しい経営状況を明らかにするのは気が進まないというお気持ちは良く分かりますが、取り返しがつかない状況に陥る前に、できるだけ早い段階でご相談ください。

「民事再生」の関連記事はこちら

returnTOP写真