事業再生

事業再生とは、企業が倒産状態になった場合に、再建の見込みがある場合には会社を清算せず、リスケジュールや債務の圧縮、一部免除などを行いながら事業を再生することをいいます。

事業再生は、会社が存続することが前提となるため、「長年行ってきた会社のカンバンを下ろしたくない。」と考える会社にとっては大きなメリットとなります。また、債権者にとっても、会社が破産するよりも最終的に回収できる債権額が多額となる可能性が高い点でメリットがあります。更に、従業員にとっても、可能な限り雇用が維持されるという点でメリットです。

事業再生を行うに当たっては、リスケジュールや債務の圧縮、一部免除などを行った後に資金繰りが正常になる必要があります。

そのために、資産を有効活用する、事業内容を見直して赤字事業を手放す、スポンサーについてもらい資金調達を行う、人員整理を行うなど、企業活動を健全化するための努力と結果を出すことが必須となります。

「事業再生」の関連記事はこちら

returnTOP写真