労働訴訟

「訴訟で焦点となるポイントがわからない」
「訴訟を起こされてしまった後の対応に困っている」
「解雇をした従業員から過去に遡って賃金の支払を求められている」


労働訴訟とは、調停や労働審判で解決を図ることができない場合に、裁判官に判断を仰ぎ、問題を解決しようとするものです。労働訴訟の典型例は、解雇された従業員が解雇の無効を主張し、従業員としての地位確認と未払給与の支払を求めてくるというもが考えられます。

 

解雇の種類によって、争い方が異なります。懲戒解雇の場合は、就業規則に規定が存在するか、従業員の行為が懲戒事由に該当するか、処分が重すぎないか、といった点が争いになりやすいです。

 

普通解雇の場合は、指導や配転、退職勧奨をおこなったか、解雇事由が適正であるかどうかといった点が争点となりやすいです。整理解雇の場合は、人員削減の必要性、解雇を回避するための努力、人選の合理性、手続の相当性(従業員への十分な説明がなされたかなど)が検討要素となります。

 

原則として労働法は労働者を守ることに重きを置かれた法律です。相手側からの請求への対応が遅れてしまうと、交渉において主導権を握られてしまい、本来支払う必要のない金銭を支払ったり、企業イメージの低下を招いたりするおそれが高まります。

 

訴訟を起こされた場合、相手側との和解に応じるか、判決を求めるかという判断を迫られる可能性が高いといえます。経営者にとってどちらの手続が最善の結果をもたらすのか、事実関係を整理・把握し、慎重に判断しなければなりません。これらの判断には法的な専門知識を要する専門家のアドバイスが必要になります。

 

弁護士に依頼をすることで、会社が支払うべき金銭を減少させたり、会社イメージの低下を食い止めたりすることができます。訴訟に発展した場合には、依頼者と話し合いながら、より良い結果を勝ち取るための主張を組み立てます。訴訟を起こされた後の対応はもちろんですが、弁護士は、労働者から訴えられないための労働環境の整備や労働条件の調整、解雇の際のアドバイスなども行います。お気軽にご相談ください。

「労働訴訟」の関連記事はこちら

returnTOP写真