契約書の知識

契約書とは、契約を締結した当事者間で合意した内容が記載されている文書です。

契約が成立するためには当事者の合意があれば足りるため、口頭のみで合意していて契約書を作成していなくても原則として契約自体は成立しますが、後のトラブルを防止するために契約書を作成することが一般です。

契約書の書式についても特に規定はありませんが、一般的には以下の順で記載します。

  • 表題
  • 当事者の表示
  • 契約の内容
  • 作成日付
  • 当事者の署名押印

そのほか、必要に応じて収入印紙を貼る、物件などの目録をつける、公証役場で確定日付を押してもらうなどの場合もあります。

 

契約書の種類については、民法に贈与契約、金銭消費貸借契約、賃貸借契約などいくつかの類型が規定されており、これを典型契約と呼びます。

実際には典型契約以外の契約が数多く作成されており、これを非典型契約と呼ぶこともあります。

ビジネスでは、秘密保持契約書、業務委託契約書やフランチャイズ契約書などを目にする機会が多いのではないでしょうか。

 

契約書に記載するべき主な内容は、以下の通りです。

  • 契約期間、履行期限の定め
  • 解除できる場合の定め
  • 損害賠償の定め
  • 保証人の定め
  • 費用の負担
  • 裁判管轄

これらは、契約書に規定しておくことで当事者が履行しない場合に有用となる条項です。

このように、契約書といってもその内容は様々であり、契約当事者の意向や業界慣習などに注意して、形式面と内容面の双方において配慮する必要があります。

「契約書の知識」の関連記事はこちら

returnTOP写真