契約書トラブル

会社が契約をするので契約書を作ろうという場合、どのような点に気をつければ良いでしょうか。

契約の内容をきちんと書く、相手方が履行しなかった場合に損害賠償請求や解除ができるようにする、自社になるべく有利な条項を入れるなどが思いつく点なのではないでしょうか。

実際、これらの視点は契約書作成に当たって重要であり、契約書作成の本などにも記載されていることが通常かと思います。

しかし、相手の会社より自社の立場が強いからといって相手方の権利をあまりに狭めてしまうような強硬な内容は、条項が法律違反で無効となる、場合によっては契約自体が無効となる危険性があります。

また、会社間で複数の取引がある場合で他の契約と関連する場合には、契約書同士の整合性が取れた内容や文言にしなくては、後からどちらの契約が優先するのかなどの問題が生じる恐れがあります。

その他、契約書の文言が曖昧であったために複数の解釈の余地が生じてしまった、当事者が意図していた内容と文言との間に齟齬があったために意図していた内容が履行されなかったなど、様々な契約書トラブルがあります。

契約書トラブルを防止するためには、きちんとした内容の契約書を作成することや、相手方から提示された契約書案文をチェックして必要があれば訂正を要求するなどの対応をしておくことが必要です。

「契約書トラブル」の関連記事はこちら

returnTOP写真