契約書の相談

取引先から契約書を見せられた時

取引先から契約書に印を押すよう求められ,
「この契約書で大丈夫だろうか?」
と不安を感じることがあると思います。

 

このようなとき,弁護士に相談していただければ,どのようなリスクがあるのか,法的に不利な条件になっていないかなどを,チェックすることができます。

 

いったん契約を締結してしまうと,後から修正することは困難です。

 

契約書を作成する意義

長年付き合いのある取引先との契約は,口約束のみで終わらせてしまうこともあると思います。

 

しかし,口頭契約は契約内容があいまいなために,後々トラブルにつながりかねませんし,いざトラブルになったときに,「言った」「言わない」の紛争になってしまいます。

 

また,約束していないことは民法などの法律に従うことになりますので,思わぬ不利益がふりかかってきかねません。

 

契約書を作成しておけば,当事者の権利・義務の内容が明確になり,トラブルを未然に防ぐことにつながります。

 

弁護士に依頼すれば,個別の事情に即した契約書を作ることができます。

「契約書の相談」の関連記事はこちら

returnTOP写真